ゴロヴニノ火山カルデラ
カルデラとは、火山性の広大な窪地のことで、急峻な壁と多かれ少なかれ平らな底を持つことが多いです。火山の窪地は、火口の壁が崩れたり、破局的な噴火の後に形成されます。
ゴロヴニン火山は、千島列島最南端の国後島にある活火山です。最後の噴火は1998年。直径4.7キロメートにも及ぶカルデラの周囲には、高さ541メートにも及ぶ尾根が形成されています。カルデラの底には4つの小さな火山ドームと2つの爆裂火口跡があり、そのうちの1つには2つの湖があり、噴出するガスや濃い蒸気、熱水が地表に吹き出しています。そのうちの1つが「熱湖」、もう1つが火口の1つに直接ある「沸騰湖」と呼ばれるものです。湖には大量の硫黄や硫化物が含まれており、沸騰湖には硫化硫黄の泡が浮いている。ここに来るには、クリルスク自然保護区を通るしかないのです。
ツアーに申し込む
Email
名前
Phone
DREAM

ユジノサハリンスク、プロスペクトミラ106、モール「Dom Torgovli」、2階
Phone:       +7 (4242) 556-800
WhatsApp+7 (900) 429 9009 
Email:         dtuus@mail.ru